聴き方教室

 
写真のお二人さん、恋人同士なのかな〜〜
上手に、相手の話、聞いてあげているのかな〜〜
そうならいいんだけれど・・・ 
もしも、一方的な話ばかりだと相手は疲れてしまうし・・・?
 
アッ、そうでした。独り言をぼやいている場合ではないのです。
せっかく、「聴き方教室/傾聴講座」へお越し頂いたのに、まだ、満足なご挨拶もしていませんでした。失礼しました。
 
本日は、癒しクリエーションの「聴き方教室/傾聴講座」へお越し頂きまして、ありがとうございます。
宜しかったら、最後までおつきあい下さい。
 
癒しクリエーションでは、気功治療と内観研修が主なサービス内容となっておりますが、必要に迫られて2010年より新企画として「聴き方教室/傾聴講座)を始めることにしました。最近特に、人とのコミニュケーションがうまくゆかずに悩んでいらっしゃる方、けっこう、たくさん、いらっしゃるんだな〜〜 と感じての事でした。
 
本業が気功師の、この私が企画した「聴き方教室/傾聴講座」なので、根底には「氣」という世界が漂っています。

なんで、いまさら、聴き方教室なの?

 今の世の中、家庭崩壊、学級崩壊、その他、さまざまな人間関係のトラブル(問題)などが噴出しているようですが、その理由を細かく分析してみると、人と人とのコミュニケーションの土台である「対話」が成り立たなくなってしまったことが、その原因の一つにあるのではないでしょうか。
 
対話といえば、「話す事」と「聴く事」が基本となりますが、どちらかと言えば、これまでの時代では「聴く事」よりも「話す事」の方が重視されてきたような気がします。自分の意見をきちんと相手に伝えられることが何よりも大切という感じですかね〜 「うまく話す為のノウハウ」を教える「話し方教室」や「本」など、たくさん存在しますし。
 
それに対して、「聴き方/傾聴」を重視するということについては・・・
 
余談ですが、この春(2010年)、我が子が高校受験にトライしますが、筆記試験と面接試験があるそうですが「聴き方より話し方重視?」の面接試験を受ける予定となっています。もしも、この私が、高校入試の面接担当者だったら、話す能力云々よりも、その生徒さんが、どの位の「聴く力」を備え持っているのか、その点に焦点を合わせた面接試験をしてみたいな~ なんて、妄想に華を咲かせている今日この頃であります。
 
やっぱり、どこの世界も聴く事より話す事優先なのかな~
 
でも、徐々に世の中全体が変化していることも確かだしね~
 
政権交代(自民党→民主党)で政治の世界も変わったのだから、そろそろ価値観が変わってきてもいい頃なのにね~
 
現在、不況の時代と言われていますが、その中でも伸びている企業はたくさんあります。それらの企業の共通する事としては「自己主張型」ではなくて、「あなたのご意見をお聴かせ下さい」「あなたが望んでいる内容を教えていただけませんでしょうか」というように、市場調査がとても上手な「聴き上手な企業」ではないでしょうか。

21世紀は聴き上手が「得」をする時代なんでしょうかね~ 
いや~、「得」というよりは「徳」という感じなのかな~

 

漢字の成り立ち辞典で調べてみると

 「聴」という漢字は「よ~く耳を傾けて、注意深く、きくこと」を意味するそうです。
「聞」は、「ただ、なんとなく、きこえる」ということらしいです。

カラスの鳴き声が、なんとなく聴こえたよ。とは言わないそうで、
カラスの鳴き声が、なんとなく聞こえたよ。となるそうです。

 
は、左側が「耳へん」、右側は「徳」と「聴」と同じ作りになっていますが、
 右側を分解すると、この「 十 四 心 」のこの部分は、素直な心を表すらしいです。
(パソコンではうまく表現できませんが、実際には、縦に並べて下さい)
 
つまり、
は、素直な心で「きく」ことを意味するそうです。
 
くことが上手に出来るようになれるには、 が不可欠ということなのでしょうか。
 
では、いったい、その「徳」というものをどのように育てたら宜しいのか。
この辺についても、なんとなくお伝えできればと思いまして、この度、聴き方教室を開催した次第でございます。
 
余談ですが「聴き方教室」よりも「聞き方教室」の方が、文字的に馴染みが深い。という方がいらっしゃる事も事実でしたので、「聴き方教室/聞き方教室」のどちらでもOKということにさせて頂き、このホームページを書き進めて参ります。どうぞ、よろしくお願い致します。