ヒヤリングセラピスト

 
今から20年位前の事だったと思います。都内に住んでいる、ある知人(男性 会社経営者)の紹介で、ある女性(当時45才位の主婦でした)とお会いするために上京しました。
 
彼よりお聞きした彼女に関する情報としては、彼女はうつ状態で、4~5年位は寝たきりで、1日中、布団の中で過ごしているそうです。でも、身体はどこも悪くない。ということでした。当日は、私に会うために、やっとの想いで、外出してきたらしいです。
 
彼が用意して下さった広々とした彼の会社内の応接ルームで、彼女とお会いしました。たしか、マンションの10階以上で、眺めがとても良かったことが印象的。会ってすぐに、お互いの名前を伝えるなど、最低限のご挨拶だけは交わしましたが、それ以上のことは何もしゃべりたくないみたいな感じでした。
 
彼女は初対面の私に会って、とても緊張している感じでした。なんとなく、気が重そうな感じで、何も話したくないな~~ という様子だったので、世間話など、何もせずに、ただ、黙っていました。
 
もし、仮に、たとえばですが、「今日は寒いですね~」などと私が語ったとしたら、「え~~ まあ~ そうですかね~」・・・というような、気の抜けた返事が返ってきそうな感じがしましたし、益々、そこに居ることが彼女にとって苦痛になりそうな、そんな雰囲気でもありました。
 
彼女に会う前から、ある程度、このようなことは予測していましたが、でも実際会ってみると、予想よりもずっと重い雰囲気でのスタートでした。
 
こんな雰囲気の時に、お互いに向かい合ったまま、黙り続けていたのでは、さらに重い空気が漂ってしまいそうだったので、高層マンションからの眺めがとっても良かったこともあり、私は、自分の身体の方向を少しだけ変えて、彼女から視線をずらすようにして、彼女が私の存在を気にしなくてもいいように、私は、窓から外の景色をボケ〜〜 と眺めていました。約1時間位、こんな沈黙が続きました。
 
と、ある瞬間に「すみませんが、私の話を聴いて頂けますか」と、彼女がひとことだけ語りかけてきたのです。
 
「はい、いいですよ」と、私は、軽く返事をして、向きを変えて、彼女と向かい合いました。

「実は、私には、今まで、誰にも言えない「ある出来事」があり、そのことがきっかけとなり、この30年間、ずっと、一人で、悩み苦しみ続けてきました。何度も、何度も、誰かに、聞いてもらおうと思いましたが、でも、実際には誰にも言えませんでした。ある時は決心して、キリスト教の教会へ行き、神父さんに、懺悔の場で、聞いてもらおうともしましたが、でも、いざ、その瞬間になると、怖くて、言葉が出ず、肝心のことは何も言えずに帰ってきました。・・・

 
というような感じで話しが続き、初対面のこの私に、今まで自分の中にしまっておいた「ある出来事」を語って下さいました。プライベートに関わることなので、これ以上は具体的にはご紹介はできませんが、その日以来、彼女に変化が訪れました。それから2週間後には、昼の時間帯には布団での生活は必要なくなり、通常の日常生活ができるようになり、1ヶ月後位には、うつ状態からほとんど抜けて・・ と、みるみる回復してゆきました。
 
私(小野)は、あの時、ただ、彼女の話を聴いていただけでした。何もアドバイスなどしていませんでした。彼女が語って下さった話に対して、いいとか、わるいとか、そんな判断もなく、ただ、聴いてあげただけのことでした。
 
実は、あの時、1時間程、続いた沈黙の中で、私は、ある事をやっていたというより、ある状態(間)の中に居たという感じでした。
 
どんな状態に居たのかを言葉にすると、なんとなく嘘っぽくなるような気がするので、あえて文章にすることは諦めましたが、でも実際の聴き方教室のセッションでは、このような事についても雰囲気としてお伝えできれば幸いです。

味噌ラーメンを一度も食べたことがないという人に、味噌ラーメンの味を文章で理解してもらうのは至難の技だと思います。味噌ラーメンの味を、文章に書けば書くほど、本当の味からは離れてゆく感じがしてしまいますので、これ以上は、ごめんなさい。

 
彼女の話を、ただ聴いてあげてさしあげただけのことですが、でも、この事例は、それが相手の心を癒すことに繋がった。という良い例だと思います。
 
いま流に格好よく言えば、その時、その場で、
「ヒヤリングセラピー」が行われたという事になります。
 
一見、難しそうに見える、この「ヒヤリングセラピー」ですが、基礎的な事さえしっかりと身につけてしまえば、誰でも、相手の話を聴くことで人を癒してさしあげられる「ヒヤリングセラピスト(癒し人)」になることは可能です。