気功師が語る気の学校>ストレスの正体

kig_kokuban1.gif

NO.11 ストレスの正体

ストレスが溜まる。溜まる。と良く言われますが、いったい、どこに、何が、溜まるのでしょうか?

ストレスを感じることは悪いことではない!

 頭脳でものを考え、思考する動物、それが人間の姿です。と同時に、何かを感じながら、心地よい方向へ、心地よい方向へと、自然に流れてゆくという感覚的な側面も人は備えているようです。

 生命体である以上、すべてのものがそれ独自の感覚器官を備えており、その感覚器官を頼りに、さらに自分が幸せになれそうな方向性を模索しますから、自分に合わない雰囲気や嫌な刺激からは遠ざかろうとします。

 ストレスを感じるからこそ、人も他の動植物も皆、自分の居やすい環境を求めます。そのように考えると、今の世の中はストレス社会と言われますが、ストレスを感じること自体が悪いというわけではありません。

「その場の雰囲気は、いまのあなたには合いませんよ。離れた方が良いですよ!」
「その刺激はあなたに合いませんから、気をつけてくださいね!」
 と、自然が教えてくれているようなものですから・・・

 問題点としては、その場に居たときに感じてしまったストレスの影響を、その場を離れてからも引きずることにあります。

 本来なら、その場を離れてしまえば、もうストレスの影響を受けなくて済むわけですから、もし仮に、一日中、職場でストレスを感じたとしても、家に帰ってきて、ゆっくりとお風呂に入って、くつろいで、気持ちよくなれれば・・・

 次の日、再び職場へゆくまでの間は、ストレスとは縁のない生活をしてもそれで良さそうなものですが・・・

しかし、たいていは、その日の職場で受けたストレスの影響を別の場面でも引きずってしまうようです。もしくは、日々のストレスが徐々に累積されてしまうということになります。

これは、大問題! ストレスを溜めてしまうと問題ありかな?

ストレスを感じること自体は別に悪いことではありません。

いや、ストレスを感じるからこそ、人や他の動植物も、ストレスとは正反対の「快」の方向性を求めることが可能なのです。その結果として、心地良さを感じることができたり、成長することができたり、幸せに近づくこともできるのです。

悪い事ばかりではないストレスではありますが、それを溜めてしまうと厄介なことになるかもしれません。

病気にもいろいろあります。簡単に治ってしまう病気から、ときには、絶対に治りそうもない「難病」「奇病」など、人の数だけ病気の種類があるという気もしますが、病気全体の90%以上は、このストレスと深い関係にあるようです。病気の対処、もしくは、予防には、ストレス対策が決め手となるようです。

ストレスって、何だろう?
ストレスが溜まると良く言われますが、ストレスって溜まるものなのでしょうか?
溜まるとすれば、「何が」溜まるのでしょうか?

このホームページが気を扱うホームページですから、気の視点からストレスを観てみましょう。ストレスが溜まるというときの、その溜まったものの正体とは???

実は「淀んだエネルギー」だったのです。

エネルギーとは言っても、人を豊かにしてくれるありがた~い「エネルギー」ではありません。人が何かに喜びを感じたり、ありがたいな~と感謝の気持ちで包まれたりするとき、ポジティブの感情や気持ちに満たされたときに、その人自身から広がる光(エネルギー)ではありません。

どちらかと言うと、ネガティブな感情やネガティブな気持ちのときに、その人自身から広がる質の悪~い波長の、どんよりとした、重~い 暗~い 薄気味悪~い 濁った 淀んだ「ネガティブなエネルギー」なのです。

ネガティブな精神状態のときには、このネガティブなエネルギーがその人自身から発生しますが、そのネガティブなエネルギーがその人自身の外には排泄されずに、その人自身の内側に蓄積されてしまうと、ストレスを感じた環境から離れても、ストレスの影響を受け続けるということになるようです。

宣伝になりますが、癒しクリエーションの気功施術(外気功、遠隔気功)では、ストレス処置等も可能です。

おもしろい現象ですが、気功を施術し、ストレス処理を始めますと、患者さん身体から、「スモッグ」のような黒ずんだ煙のようなものがモコモコと出てきます。私には見えませんが、そのようなモノが見える人によると、そうなっているとのことでした。

この黒ずんだ感じのものが、先程から申し上げているネガティブエネルギー、中国式の気功では「邪気」と呼ぶこともありますが、ストレスの正体なのです。

気の世界からでしたら、ストレスを処理することは可能ですよ。是非とも、気の世界に興味をもって頂き、ストレス対策にお役立て頂きたいと思います。

ストレスの排除法

ストレスが溜まってしまうと、それが引き金となって、病気やトラブルまでに発展してしまうこともあるようです。どのような病気、トラブルに見舞われるかは、その人自身の心の状態によって異なるようですが。

ストレス解消にもいろいろな方法がありますが、表面上のストレスは、気分がスカッとすることで消去しますが、深い意識(潜在意識レベル、無意識レベル)に根ざしてしまったストレスは、なかなか解除されないということもあるようですが・・・

いよいよ、本題に入りますが、ストレスから解放されるには、精妙な波動のエネルギー(気)が必要になります。たとえば、パチンコですが。

パチンコが好きな人にとっては、パチンコをすることで多少の気分転換にはなるかもしれませんが、やはり、表面上のストレス解消の域に止まりますかね?

ストレス解消のレベルにもよりますが、深い意識レベルに蓄積してしまったストレスの解消には、精妙なエネルギーが不可欠なようです。

太陽のエネルギーは、この世の中に存在するエネルギーの中で、もっとも神聖なものの一つです。

日頃は、何気無く見ている太陽ですが、お天道様と昔から尊ばれ、人の意識活動を支えてきました。その神聖なエネルギーを浴びてみませんか。

やり方は、極めて簡単!

朝日が昇るとき、太陽に向かって、「どうぞ、私にエネルギーをお送りください」と、お願いし、後はただ朝日を見ているだけです。できれば、手のひらを太陽に向けておいてください。エネルギーの受け取り方はこんな感じです。注意点としては、危険なので、まぶしくなった太陽を見つめないことです。

太陽からのエネルギーで、ネガティブな思いは、洗い流されてゆきますので、ストレス解消にお役立て下さい。

雨の日、曇りの日はどうするのでしょう? 毎日やっていると、今日はだいたい何時頃にお日様が昇るか、分かります。時計を見ながら、今頃、ちょうどお日様が昇ったと思っていただき、イメージの世界でやってください。