気功師が語る気の学校>地球のエネルギー グランディング

kig_kokuban1.gif

NO.37 意のエネルギー

 決まった順番はありませんから、情と、意、智と、どれから始めても良いのですが、私たちは地球上に住んでいますし、地球さんには、たいへん世話になっているので、地球のエネルギーと密接な関係にある「意」から、始めることにします。

 私のように、ヒーリングを専門としている人達(ヒーラー)の間では、地球さんとの関係をとくに重要視する人が多いです。

 地球の中心と自分自身とが繋がりを持つことによって「地」のエネルギーのサポートを得得ることができて、ヒーリングがやりやすくなります。逆に、この関係がうまく出来ていないと、ヒーリングがなかなかうまく運びません。

 そのために、より質の良いヒーリングを目指すヒーラーは、この地球さんとの関係を密なものにしようと、日夜、いろいろなことをしているようです。瞑想をしたり、特殊な体操をしたりと・・・このような試みは、一般的には、グランディングと呼ばれています。

 これから、紹介します方法もグランディングの一種です。誰でも簡単にできるようにアレンジしました。ぜひ、お試しください。そして、大地に根ざした人生の基盤が出来たらいいですよね。

 怖い話になりますが、亡くなった人が、世の中に出現すると、「わあ~~ 幽霊が出た!!」などと、騒がれますが、幽霊って、ほんとうに、存在するのでしょうか?

 本当に幽霊さんが存在するのか、否か、別として、我々は、幽霊さんに対して、「柳の木の下で、白いゆかたを着て立っている人。その人には足が無くて、痩せていて、やつれた感じで 何となく、薄気味悪いような感じがして、そして・・・で」と、なんとなく、そんなイメージを持っていませんか。

 怖い話になりそうなので、幽霊さんの話はここで終わりにしちゃいますが、今現在、立派に、この世の中に生きていて、3度のご飯もちゃんと食べ、お風呂にも入って、でも、この世に生きているというよりも、「こころ、ここにあらず!」というか、何となく、雰囲気が幽霊さんに近いな~~  と感じてしまうような人って、自分の回りに居ませんか?

 え~~~ 生きていながら、幽霊ですか?

 幽霊さんのイメージといえば、足の部分が消えてしまった人、つまり、大地に根(足)が張っていない、何とも不安定な、心細い精神状態を象徴しているかのようですよね。
 植物で言えば、浮き草みたいな状態かな~
 大地、つまり、地球と繋がっていない人のことかもしれませんよね~

 「エッ、地球上に住んでいながらも、地球と繋がっていない?」
 何とも不思議な話なんですが、でも実際には、このような感じがすることって、あるんですよね~ もし仮に、自分自身を省みて、もし、そのような雰囲気が少しでも感じられたら、その状態から抜け出ることによって、心の中に「意」の領域が広がり、実行力が生まれます。

 意のエネルギーが弱いと・・・

 何もする気にならない。
 何に対しても興味がわかない。
 やる気が起きない。
 実行力が欠ける。
 約束も守れない。
 早起きができない。
 気合いが出ない。
 誘惑に負けてしまう。
 勇気がでない。
 引っ込み思想となる。
 新しいことに挑戦できない。
 思いばかりが先行して、実行力に欠ける。  などなど・・・

 このようなことを聞いてしまうと、ヒーラーを目指す人でなくても、地球の中心と深く繋がりあってゆくことが大切なんだな~ という氣がしてきてしまいますよね~

 では、やり方ですが、この瞑想は寝ていたのでは出来ません。
 必ず、起きあがってやってください。
 立っていてもいいですが、できれば、イスに腰掛けるか、または、胡座を組むか、正座で座るか、いずれにしても、背もたれに、もたれかからないことが条件です。

 イスの場合には、特に注意して下さい。
 背もたれのあるイスですと、深く腰掛けてしまうと、背もたれに、自分の背中が触れてしまうことになり、そなると、エネルギーの流れが変わってしまうそうです。

 背筋を伸ばして座ります。
 手は、適当に膝の上にでも置いて頂ければと思いますが、両掌を組んでもかまいません。適当にやってください。

 準備ができたら、以下の内容を、心の中で念じます。

 善なる行いを実践できるだけの実行力を持てる為に
 また、悪しき誘惑に負けない為の勇気を持てる為に
 地球さん、私に、あなたのエネルギーを与えて下さい。
 私の心の中に、「意」の領域が育ちますように!

 ・・・と、このようなことを心の中で念じてから、目を閉じて、グランディングを始めます。グランディングを始める前に念じる内容は、上記の内容でなくても、勝手に言葉を列べて作っても結構です。

 下手な図ですが、ご覧下さい。


 地球からのエネルギー(地の気)は、地球の中心(重心)から放射状に広がります。


 温泉が地下から地上に向かってわき上がってくるように、また、植物が、地面からまっすぐに、空に向かって伸び進むように、上へ、上へと上昇します。


 もし、私たち人間が地面に立っていたとすると、地の気は、人の足の裏から入って、我々の身体の中を通りながら、頭上へと抜けてゆきます。

 太極拳のように、立って行うグランディングの方法もありますが、初めてですと、なかなか難しいので、今回は座って行うことにします。


 図は、イスに座った状態を示していますが、この図ように、地のエネルギーは、肛門よりも、ちょっと前(お尻の穴から、2~3センチ程前)よりのポイントから入って、身体の中を垂直上昇し、脳天から抜けてゆきます。

 ※専門的になりますが、小周天ではありませんので、気の流れるルートは
背中の表面(経絡上)ではなく、図示したように身体の内部を直進します。

 まず、このように、地の気が自分の身体に入って、そして、上昇して、頭から抜けてゆくんもんなんだ。というイメージを持つようにしてください。もし、イメージが湧かなかったら、「そうなるんだ!」と、強く、心の中で思って下さい。

 お尻から上昇してきて地の気が、丹田(ヘソより3センチ位下、そして、3~5センチ位内側)というポイントを通過する際、丹田がピンポン玉位の大きさのオレンジ色の光になったとイメージします。
 つまり、地の気の影響を受けて、丹田がオレンジ色に光輝いているいうことになります。

 もっと、わかりやすいイメージとしては、串団子のようです。
 団子3兄弟は、串に3つの団子が刺さった状態ですが、この場合には、1本の串に、1個の団子が突き刺さっているということになります。
 串とは、エネルギーの流れる方向性を示したもので、団子とは、丹田部分にある光の玉のことです。

 まとめると、
 地の気が、肛門付近から、身体に入ってくる。
 そして、上昇する。

 この際、丹田という部分を地の気が通過すると、その気の影響を受けて、丹田がオレンジに光り輝く。(ピンポン玉位の大きさが適当)
 丹田を通過した地の気は、更に上昇し、頭上から天の方向へ昇ってゆく。

 お尻から入ってきたエネルギーが、一度、頭上を通り抜けたら、上昇しているエネルギーへは、意識をしません。
 5分間の間、ただ、ただ、丹田のオレンジの光だけに意識を集中します。

 このようなイメージを持ち続けます。
 この瞑想(グランディング)を続けてゆきますと、だんだんに、丹田部分が暖かく感じられることがあります。

 また、何も感じないこともありますが、何となく、その辺に、丹田なるものがあるような気がしてくることもあります。

 感じ方は、人によりさまざまですが、1日に5分程度で結構ですが、これで続けて頂くと、意思(意志)が強化され、日常生活に変化が生じると思います。

 ポイントは、毎日、続けて行うことだそうです。継続することですよね。
 1週間のうち、5日以上は続けていただくと、いいのかな~ 週4日以下でも、それなりの結果は出てくるかもしれませんが、もちろん、毎日、行えれば最高かな~

 「自分は、どうも、意思(意志)が弱くて・・・」と、思われる方でも、これさえ継続して頂ければ、意のエネルギーが強化されてゆくかもしれませんよ~~