kig_kokuban1.gif

NO.42 愛のエネルギー 2

 イエス、キリストが残された教えの一つに
 「求めれば与えられる」ということがあります。

 私は純なキリスト教徒ではありませんから、イエスが伝えたかった真意は分かりませんが、「求めれば、何でも与えられるんだな~~」と、言葉通りに解釈しました。

 求めれば、与えられる。
 こんなシンプルな自然法則があるにも係わらず、我々は、なぜ、幸せ求めないのでしょうか? なんて、問われたら、ほとんどの人は、「そんなことないですよ。私は毎日、毎日、幸せを求めていますよ」と、答えるでしょうね~~

 でも、求めているにも係わらず、誰もが幸せにはなってはいないですよ。という現実を見ると、もしかして、求め方が悪いのでは? ・・・と思ってしまうわけです。求め方にも、工夫というか、それなりの智恵が必要なこともあるようです。

 求め方を間違うと、その反動がすごいというか、求めた分だけ、人は不幸になることもあるな~~ と私自身はしみじみと悟りましたよ。お恥ずかしい話ではありますが・・

 人は誰でも幸せを求めています。
 でも、結果として、すべての人が幸せを実感しているということでもなさそうです。

 なぜなのかな~? 求め方? 自分は、今まで何を求めて来たのだろうか?

 まず、第一に、求める内容を吟味する必要があるのかもしれません。
 そして、その次ぎには、求める対象(相手)をしっかりさせることも大切です。
 この両者がしっかりと理解されていませんと、真の幸せに近づきにくいような気がいたします。

 それでは、人が幸せになるための条件について、考えてみましょう。
 今の世の中ですと、まず、お金がないと生活できませんから、お金はぜったいに必要です。それに、身体が健康でないと。そして、ひとりぼっちでは生きてゆけませんから、適当な人間関係を持つことも必要です。できれば、趣味だってやりたいし、その趣味だって、できれば、上達したいし、できれば、その上達した姿を評価して欲しいと思うし・・・

 趣味だけではなくて、自分自身の存在価値を感じてみたいし、ある程度の責任のある仕事にもついてみたいし、ときどきは旅行をしたいし、おいしいものも食べたいし、すてきな服を着てみたいし、温泉にでもつかってノンビリもしてみたいし、ステキな恋人を見つけたいなど・・・

 ま~~ 生きてゆくためには、いろいろな条件が整わないと、我々は、物質的にも、また、精神的にも、満たされないというわけですよね。

 でも、よく考えてみると・・これら一般的な願いは、たとえ、かなえられることはあったにしても、けっして、いつまでも永続するという保証がないことばかりです。

 いま、健康でいても、あるとき、病気になってしまうことだってあるでしょう。
 いま、商売繁盛でも、世の中の流れが変わって、いつの日か、必要とされなくなるときがあるかもしれません。

 何が起こっても不思議ではない「娑婆」というこの世の中に生きていて、唯一絶対なる「しあわせ」を求めない限り、一時的には、幸せを得たような気分になっても、すぐに消え去ってしまいます。

 何だろうね~~? 唯一絶対なる「しあわせ」 って!

 お金があるから、幸せ?
 健康だから、幸せ?

 確かに、お金がある方が生活が楽には違いないでしょうし、また、健康である方が理想的ではありますが、でも、それが幸せになるために、絶対不可欠とは言い切れない一面があります。

 今まで、お金には苦労したことがない。と言える程、お金持ちが、ある時、突然、事業で失敗し、すべて財産を失い、そして、それをきっかけに、「人の優しさ」に気づいたということで、お金が消えてしまったにも関わらず、でも、とても幸せですよ~~ という人を見たことがあります。

 また、病気になってみて、やっと、自分自身の道が分かった。と喜んでいらっしゃった人もいました。

 何のために、お金を求めたり、健康を求めたり、恋人を求めたり、生き甲斐ある仕事を求めたりするのでしょうか。

 我々は、さまざまな具体的な幸せを求めて生活しているわけですが、突き詰めてゆくと、最終的には、心の安らぎ、心の平安を得るために、それらの幸せを求めているのではないのかな? という気がしてまいりました。ならば、始めから、幸せの核心を求めた方が近道なのかもしれないね。

 世間的一般の幸せというもののイメージというものは?

 お金があったら、幸せ!
 健康であったら、幸せ!
 有名な大学へ入れたら、幸せ!
 すてきな恋人と巡り会えたら、幸せ!
 理解のある旦那さまを見つけたら、幸せ!
 もっと、能力があったら、幸せ! などなど。

 ・・・だったら、・・・とか、
 ・・・であれば、・・・とか
 どうも、余分なものが付いてしまうようですね。

 私は、それらの幸せを総評して、「たら、れば、幸せ」と呼んでいます。 「・・・だったら幸せ。 ・・・であれば幸せ」という幸せ感が悪いということではありませんが、ただ、「たら、れば、幸せ」を求めている限り、いつまで経っても、心の真の「やすらぎ」には至らない可能性があります。

 ・・・だったら、幸せ!
 ・・・であれば、幸せ!
 という「たら、れば、幸せ」は、人が求める最終ゴールではなさそうですよ~~

 「たら、れば、幸せ」は、真の幸福を得るための手段の一つにしかすぎませんし、手段と目的を勘違いすると、逆に不幸せになってしまうこともあるようです。充分に、気をつけなければならない点ですよね。求める内容を吟味するということは、幸せを得るための第一条件ななのかもしれません。

 つぎに、求める対象についてですが。

 私はまだ読んではいませんが、周りの人から、よく、お薦めされる本があります。みなさん、ご存じの「神との対話」という本です。チャンスがあったら、読んでみたいとは思いますが、なかなか、忙しくて・・・余談はさておき、人が本当に幸せになってゆくには「神との対話」が必要なのかもしれません。もし、神という表現に抵抗があるようでしたら、「天」でもいいと思うのですけど・・

「何かを求める!」というからには、「誰に、何を」ということになりますが、アイスクリームが食べたい! となると、アイスクリームを売っているお店で、アイスクリームを下さい。となるでしょう!靴屋さんに行っても、アイスクリームが買えるか、どうか?

 心の平安を求めることが、真の幸せの第一条件であるということは理解できたとしても、それを求める相手を間違うと、これまた、不幸の始まりかもしれません。

 最近、よく使われることばですが、依存症というものがあります。
 一般的には、依存症というと、あまり良い意味では使われていないように思います。これは、依存する対象、つまり、何かを期待する対象が的はずれになってしまっているので、良く評価されないだけであって、期待する対象、いや、依存する対象さえ的を得ていれば、依存するということ自体は別に悪いことではないように思います。

 依存と表現してしまうから、何となく問題となるのであって、表現の仕方を換えて、例えば、「委ねる」としてみてはどうでしょうか?

 ただ、お酒の場合でしたら、アルコールに委ねるとは言いませんから、依存する対象を吟味する必要はありますが、期待(求める)する対象によっては、依存と言うよりも、委ねるという表現が的確かと思います。

 誰に、何を、求めるのか?

 心が寂しいからと言って、人に求めていても、やっぱり、真の幸せには近づけないように思いますし、人がダメなら、動物だ! ということでペットに求めても・・・

 人が、真に幸せになるためには、まさに、神(天)との対話なんでしょうかね~~
 神(天)と、私と、一対一の関係。
 自分の意識が向かっているのは、人ではなく、物にでもなく、森羅万象を創造した大いなる意識(神)へ

 この関係を維持している限り、人は、幸せから脱線することはないのかな~ という気がしますし、この関係がしっかりと築かれていれば、次には、人と人との関係、人と生き物との関係、そして、人と物との関係も、うまくゆくのではないのかな? とも思えるのですが、如何でしょうか?

 人と、神(天)との関係は、垂直の関係、たとえば、上下関係のように。
 そして、人と、人との関係は、水平の関係、たとえば、横との繋がりですね。
 親子であっても、会社の上司と部下の関係であっても、この感覚でいる限り、人間関係に問題は起こらないように思いますが。

 結婚したよ。でも、1年後には、離婚しちゃったよ。・・・と最近のカップルの現状はスピーデイーですが、よくよく聞いてみると、自分の幸せを相手に求めていたというケースが意外と多いようですね。

 まあ、ある程度は、相手に対して期待がないと、お互いが一緒に居る意味がないので、期待するのは当然ですが、でも、お互いが満たされていない状態であったとすると・・・
 たとえば、お互いの心が1つのコップだとします。
 そして、お互いのコップの中には、半分ずつしか、水が入っていません。

 本来なら、自分のコップが一杯にならないと、自分自身は満たされていない状況ということになりますから、当然のことのように、自分以外の誰かから、水を求めます。
 求められたのだから、差し上げたいとは思うでしょうが、しかし、自分のコップには半分の水しかが入っておらず、もし仮に、無理をしてでも、自分の水を相手にあげてしまうとなると、相手は満足できても、でも、自分自身は枯渇状態! ・・・という結末に。
 このような無理がいつも続くとなると、やっぱり、限界が来てしまうかも。

 夫婦喧嘩、人間関係の悩み、さまざまな事件、トラブル等々、深く掘り下げてみると、ほとんど、これ! 人が満たされるには、求める対象が大切かもしれませんよ~~ そこで、この章の終わりに、ご紹介したいのが、平安の祈りです。


<平安の祈り>

 大いなる意識よ。私が、あなたに、満たされ、愛されていることが

 我が身の体験を通して感じられますように

 私の知性と感性に、あなたの光を照らして下さい。

 私の心が平安で満たされますように!

 ・・・と、1日のうちで、気がついたときにでも、たとえば、夜寝る前でも結構ですし、寝覚めたときでも結構ですし、興味がありましたら、この平安の祈りをやってみてください。

 イエス、キリストが教えてくれたように、求めることが幸せの始まりだとするならば、これ以上の「求め」はないでしょう。究極の求めですよ。なんちゃって。

 大いなる意識とは、私が勝手にそう呼んでいる呼び方であって、「神様」でも、「宇宙意識」でも、「天」でも、何でも、あなたの好きなように、適当に呼びかけて下さって結構です。

 祈りの文を読んでいて、あれ、おかしいな? と思うかもしれませんが、「私を満たして下さい」とか、「私を守って下さい」とか、「私を癒して下さい」とか、世間一般のように、そう願っていないことが、この祈りの特徴です。

 何故かと申しますと、もうすでに、求める以前に、そうなっているから。というのが前提にあるからだと思います。

 私たちは、あまりにも忙しいものですから、それを感じる「ゆとり」がないというのが現状ですから、それを感じられるように、私たちの感覚器官を、もっと、もっと、鋭敏にしてください。という願いです。

 その為には、私の知性と感性に、あなたの光を、つまり、聖なる宇宙エネルギーを注入してもらい、そして、汚れて鈍くなってしまっている(いや失礼!)感覚器官を正常にしてもらうということになるのでしょうか。(気づきの瞑想も、実は、感覚器官の浄化に繋がるそうです)

 もうすでに、充分過ぎるほど、与えてもらっているのに、もっと、もっと与えてくれ! と願うのも、どうかな~~ と思えるような内容でしたが、欲の多い私としては、いや~ 参った。参った。

 だいぶ、長い文章になってしまいました。
 最後まで読んでいただきましてありがとうございます。