夫婦編

 
最近この日に、入籍するカップルが 増えているそうです。
11月22日。 「いいふうふ」の日だそうですね。
 
でも現実は、忙しいご時世、すれ違い、仮面夫婦、無関心、価値観の相違など…
結婚当初に描いた結婚像のようには、なかなかいかないようです。
夫婦といえども、所詮は他人。
 
夫婦とは、もっとも近い距離で生活をする他人であり、多くを関わり合う人間関係。と言うことになるのではないでしょうか。夫婦=家族の元(素)ですね~。
 
そんな「夫婦」という関係。できれば、ストレスがなく、いい関係でいたいですよね。
でも、実際には、離婚する夫婦が、年々増加しているようです。
 
人間というものは、どんなに信頼しあった関係であっても、一度こじれてしまうと、なかなか修復が難しかったりします。友達関係であれば、話し合ったり、少し距離を置いたり、第三者の協力によって、仲直り出来たり、中には、絶交!などという選択も有り得るでしょう。
 
夫婦関係も同じく、そういった方法がとれるのでしょうが、なぜか友達関係と同じようにはいかないところがありますね。
 
どこからか、特別な感情が湧いてくる?
それは、夫婦という特別な人間関係だからではないでしょうか。
 
現実問題として、財産の共有、子供の問題、親の問題…などもあり、夫婦2人だけの問題では解決しないこともあると思います。いえ逆に、そういった問題の方が多いかもしれませんね~
 

なんとかして相手を変えたい!
なんとかして状況を変化させたい!
結婚相手を間違えた!
離婚しようか…
何故うまくいかなくなったんだろう?
自分は、運がない。
などと思っていませんか?

 
中には、何年も何十年も問題を抱え、悩み続けてしまうことも・・・
 
もし今、夫婦の人間関係で悩んでいる方、夫婦の問題をすでにあきらめてしまった方、または、これから離婚しようと考えている方には、この記述式内観は、朗報だと思います。
 
これから先、更に何年~何十年も、これらの問題を抱えて生きて行くのはつらいですし
本当の意味で人生をクリエート(創造すること/作り出すこと)する事を望むのであれば、是非、この方法 (記述式内観)をお勧めします。
 
何故なら、他人を変えるという労力は、とてつもなく膨大な作業で、たとえ残りの人生を費やしたとしても、成功は確信できません。相手が亡くなるか、自分が先に逝ってしまうか? そこまで待つしかないのかな〜〜 といっても過言ではない でしょう(苦笑)
 
しかし、自分が変わることによって、事が意外な方向へと転換するのであります。
相手を変えようとしなくても、あなたが変わると、相手が変わる。という不思議な現象が起こるのです。
 
仮に離婚という選択をし、その場を回避したとしても、このような関係性は、相手を変え、形を変えて、再び、自分の身にふりかかってくる可能性が高いようです。
 
もしかしたら、以前回避してきた人間関係が、今回、回避し難い「夫婦」という関係で表れてきているかもしれません。もうすでに「離婚」を決断している方だとしても、これから先の新しい人生を再出発されるその前に! 同じ運命を繰り返さない為に! 今、過去と現在と未来の、感情の「リセット」をお勧めします。
 
自分の心の奥底に握りしめているマイナスの思いや感情を手放し、自分自身が変わる事によって、これからの人生に驚くような変化が起こります。
 
幸せな結婚生活を送るために…長い人生のうちの1日、この記述式内観に参加してみませんか?
 

こんな効果が期待できます。

・夫婦関係(人間関係)が安定する
・夫婦のトラブルが減る
  具体的には相手の酒癖、暴力、浮気、耐え難い行為、などの問題に対して、
  自粛、反省、更正などが、起こる場合があります
  もしくは、一気に問題消滅という驚くようなことが起こる場合もあります
・相手の行動に、大きな変化はみられないものの、気にならなくなる
  または気にしなくてよい状況に変化する
・夫婦が安定した関係になると、家庭が穏やかになる
・子供の情緒が安定する。嫁、姑問題等も変化してくる
・家庭が穏やかになると、リラックスできるようになれる
・自分人生、夫婦の人生を見つめたり、話し合うことが出来、将来への不安が> 軽減される
・今まで言えなかったことが言えるようになる

 

先日、夫婦編を受けた方(ご夫婦)からの感想です

 最初の感想を書いたのは男性(アメリカ人)、そして、次の感想文はその男性の奥様(日本人)です。今現在、お二人は家族4人(お子様2人)、イギリスで暮らしています。ご主人さんは日本語がとっても上手で、以下の感想文ですが。ご自分で全部書かれたそうです。
 
イギリスへ旅立つ前には、日本で暮らしていたそうですが、その時には会場へ足を運んで頂いて両親編も体験されたことがありますが、この度の内観研修では「夫婦編」をされました。

こんばんは、○○です。遅れに遅れましたが、やっと感想文を書きました。
お役に立てると幸いです。
 
内観を受けることによって、こんなにも夫婦の関係が変わると思ってはいなかった。
 
10年間、けんかし続け、どこまで行っても終わりそうにもない、二人ともどうすれば良いか分からない状態になっていたところだった。
 
初めは、溜まっていた怒りをガーと紙に書いてたが、面接によって、表面の怒りだけではなく、その下にある気持ち(種)に向かって、掘り下げていく事ができた。その種の気持ちをさわり、紙に書いていたが、自分が、自分の気持ちを聞いてあげている様な気がした。自分の気持ちを自分で聞けたら、溜まっていたテンションが溶けて、相手の気持ちも聞ける余裕が生まれ、許す、許せる様になった。スタッフさんの温かい支えのお陰で、その 種の気持ちにすぐにさわれ、内観が早く終わった、と思う。
 
内観の後、夫婦喧嘩が無くなった訳ではないが、相手の気持ちを聞くこと、自分の気持ちを言うことが、少しずつ上手になっている…やっと繋がった感じがしている。夫婦の内観を薦めてくださったり、実際に、面接を担当してくださったり、心から感謝しています。

 

私の夫は外国人。性格的に、似ているところはありしも、考え方、モノの捉え方、対処方も、ほぼ正反対。生まれ育った家庭環境もほぼ正反対。これで上手く行くのが不思議なバランスですが、山あり谷あり、結婚してもうすぐ10年になろうとしている夏でした。
 
二人が出会った時のいざこざが元になっている、怒りの種火が表面下にあったところに、ほぼ夫の独断で決まった渡英に、どう考えても納得できないまま、イギリスに住み始めて2年半。どうして私と子供たちだけ、こんなに苦しいイヤな思いをしなきゃいけないの、という、怒りというよりも恨みに近い思い、どうにもならない負の感情の怒濤に巻き込まれ、もうにっちもさっちもいかない状況、離婚はしたくないけど、それ以外の選択肢は見当たらない、という切羽詰まった状態でした。
 
私が最初に二夜間。後で彼が二夜間。
結論から言わせていただくと、あの大波は何だったの?って言うほど、たった4日間で、こんなに関係が変わってしまっていいのか、と言うほどの大変化に、まず一番びっくりしているのが自分たちだと思います。
良くある、ダイエットや、英語の教材の感想みたいですが、何の誇張もないんです。
 
一日目は、鉛筆じゃなくて、ボールペンが折れました。、、、(ハハハッ)
両親の内観でも、’こんなに息が切れ切れになるほどまでやったことはない、と思わせるほどの勢いでした。
その後も出てくる、出てくる、これは2日間では終わらない、と途中で、どこか焦る気持ちを諦めたのが功を奏したのかもしれません。最後の1時間で、私が、私自身のネガティブな思い癖を自分で気付くために、夫がこんなに嫌な役割を買って出てくれたのか、という感情が出てきて、じわーっと、ありがたいなーという感謝の気持ちが湧いてきました。これは、はっきり言って、驚きでした。
 
内観後に、夫に、内観の間で変化した気持ちを話してみました。どこか、まだ照れくさいところがあって、自分の感情に素直に話せませんでしたが、それでも彼は、私の気持ちの変化を素直に喜んでくれて、それがとても嬉しかったです。
 
内観後の私の気持ちの変化は、なんだか、面白かったです。
ここに、ちゃんと怒りはあるんです。自分の目の高さで話をしようとすると、愚痴、不平不満は、きりがないんです。でも、何だか、そんなちんけな視点じゃないところ、これが大いなる英知と言うのでしょうか、胸に筋肉強制ベルトか何かを入れられ、がばっと広げられ、腹の底の方まで、しっかり支えてくれているエネルギーが入ってきたというのでしょうか(変な表現ですが)
 
それが、何とも言えない温かさで、、、、。愚痴を続けようと思っても、続かない、、、んん、何だこれ? みたいな感じ。言葉で説明しようと思うと、実際の感覚からは離れてってしまう、上手く説明できないのですが、この二つの視点をはっきり実感できた! というのは、まだ両親に対しての内観が完全には終わってない私にとっては、もの凄く有意義な体験でした。
 
どこに焦点を合わせるのか、なんて、すぐ見失ってしまいがちな日常の中で、どこまで、この視点を忘れないでいれるか、眉唾ものだなと思っていましたが、その後、ますます穏やかになってきている様な気がします。もちろん、疲れていたり、忙しかったりして、上手く噛み合ない時、喧嘩になることもありますが、言いたいことを言い合うと、怒りもそんなに長く続かない、ということに気がつきました。(これについては、子供たちが、絶賛しています!)
 
夫婦共々にコミュニケーションが上手とは言えなので、これは本当にありがたい変化で、言い争うのが無駄だと感じるようになり、どちらともなく、折れる、という、今までには想像もつかない展開になってきました。特に、私は一度怒りだすと、納得できるまで長々と引っ張る方でしたが、嫌な気分を長引かせたくない、と長く引きずらなったのは、自分でも不思議な、得した気分です。
 
もし、この夫婦に対しての内観をしてなかったら、今頃は、子供2人を引き連れて、夫を残して私だけ日本行きの飛行機に飛び乗っていたことでしょう。こんな、夫が仕事から帰ってくるのが待ち遠しいなんて感覚、すっかり忘れていました。子供たちが嬉しそうに、”パパとママ、変わったねー、けんかしなくなったねー。”と。今、改めて、家族で一緒にいられるのって、嬉しいなーと、実感しています。
 
癒しクリエーションのセッション(遠隔気功など)を受け始めてから、すでに3年になりますが、この絶妙なタイミングで、夫に対する内観を勧めてくださらなかったら、そして、何でも包み込んでしまう毛布ような、そして的確なサポートがなかったら、溜まりに溜まったゴミをここまで引き出せたかどうかは疑問です。
 
時差の関係で、朝の早い時間からのスタートにも関わらず、気持ちよく引き受けてくださって。本当に、ありがたいご縁をいただきました。スタッフの皆様の温かいお人柄に、出会いに心から感謝しています。いつも、ありがとうございます!



スタッフのつぶやき

こんにちは、癒しクリエーション、スタッフ、今井 潤です。
どうぞ、よろしくお願い致します
 
今、離婚を考えている方、若しくは離婚した方、意外とその人口は多いように思います。
夫婦といえども所詮は他人。
すべてを受け入れ、理解出来るには、相当の努力と忍耐を要するかもしれませんね。
 
努力次第でどうにかできるなら、耐えて報われるなら、出来れば離婚は避けたい。と思うでしょう。
それでも、どうにもならないから、「離婚」を選択せざるを得ないんですね。
 
さて、この「離婚」ですが、今では、離婚人口も増え、世間では対して特別な出来事ではなくなってはきているようですが、実際これに直面した本人というのは、様々な思いがありますね。
 
社会的評価は下がらないだろうか?子供が淋しがらないだろうか?
ちゃんと育つだろうか?
親不孝をしてしまった。経済的(シングルマザー・養育費など)に大丈夫だろうか?
財産分与、親権問題、再婚、仕事への影響…
 
「離婚」をするだけでも、とてつもない労力が要るのに、「離婚後」のことを考えたら、「別れたら、次の人~♪」なんて気楽なことも言ってられませんね。
大多数の離婚者は、当初は、価値観の相違や、すれ違い、浮気、借金、癖…など、互いを理解しがたい問題から浮き上がってくるようですが、現実問題、「じゃ~さよなら!」と、友達や恋人レベルのケンカのように、綺麗サッパリ!!とはいかないものです。
 
前にも進めない~、後ろにも戻れない~、そうしているうちにドロドロが拍車をかけて、更に感情を縺れさせていってしまい、ドロドロの2乗、3乗…となっていってしまうんですね。
 
前に進むか、後ろに戻るか、どちらにしても、ずっと今のままではいられない。

今、この状況をなんとか変えたい。
前向きに生きていきたい。
どうしてこんな風になってしまったんだろう?
殺してやりたいくらい、相手が憎い!
消えてくれればいいのに!
人生の再スタートを切りたい!
離婚後の生活が不安。
変化が怖い。
今度こそ、いい縁に恵まれたい。
再婚をしたい。
自己嫌悪感をなんとかしたい。
罪悪感を消したい。
恐怖感を消したい。
将来が不安。
よりを戻したい。やり直したい。
幸せな家庭を築きたい。
そんな方には、夫婦内観がお勧めです。

 
離婚を考えるほどですから、相手のことは、もしかしたら殺したいくらい憎いかもしれませんね。
 
また、深い意味もなく、このページにたどり着いた方もいらっしゃるでしょう。
想像を絶する不安や嫌悪感に、夜も眠れない方もおられることでしょう。
 
「離婚」をして、別れたらハイ終わり!! 残念ながら、「Re婚!!」ではないんですね。
 
憎しみや、不安や、悲しみなどの種を、自分の心の中から払拭しない限り、新たな人生のスタートを切ったとしても、また同じ目に遭ってしまわれる可能性が高いんですね。
 
暴力を振るう夫から、命からがら逃げて、数年後に今度は、優しい人と再婚したという女性ですが、どうもまた、暴力を振るう旦那さんだったそうです。
 
の人生は、めぐり合う人との縁によって、大きく変化するでしょう。
離婚するにせよ、やり直すにせよ、再婚するにせよ、良縁に恵まれますように…☆〃

夫婦編

 
最近この日に、入籍するカップルが 増えているそうです。
11月22日。 「いいふうふ」の日だそうですね。
 
でも現実は、忙しいご時世、すれ違い、仮面夫婦、無関心、価値観の相違など…
結婚当初に描いた結婚像のようには、なかなかいかないようです。
夫婦といえども、所詮は他人。
 
夫婦とは、もっとも近い距離で生活をする他人であり、多くを関わり合う人間関係。と言うことになるのではないでしょうか。夫婦=家族の元(素)ですね~。
 
そんな「夫婦」という関係。できれば、ストレスがなく、いい関係でいたいですよね。
でも、実際には、離婚する夫婦が、年々増加しているようです。
 
人間というものは、どんなに信頼しあった関係であっても、一度こじれてしまうと、なかなか修復が難しかったりします。

友達関係であれば、話し合ったり、少し距離を置いたり、第三者の協力によって、仲直り出来たり、中には、絶交!などという選択も有り得るでしょう。
 
夫婦関係も同じく、そういった方法がとれるのでしょうが、なぜか友達関係と同じようにはいかないところがありますね。
 
どこからか、特別な感情が湧いてくる?
それは、夫婦という特別な人間関係だからではないでしょうか。
 
現実問題として、財産の共有、子供の問題、親の問題・・・などもあり、夫婦2人だけの問題では解決しないこともあると思います。
 

なんとかして相手を変えたい!
なんとかして状況を変化させたい!
結婚相手を間違えた!
離婚しようかな〜

何故うまくいかなくなったんだろう?
自分は、運がない。
などと思っていませんか?

 
中には、何年も何十年も問題を抱え、悩み続けてしまうことも・・・
 
もし今、夫婦の人間関係で悩んでいる方、夫婦の問題をすでにあきらめてしまった方、または、これから離婚しようと考えている方には、この記述式内観は、朗報だと思います。
 
これから先、更に何年~何十年も、これらの問題を抱えて生きて行くのはつらいですし
本当の意味で人生をクリエート(創造すること/作り出すこと)する事を望むのであれば、是非、この方法 (記述式内観)をお勧めします。
 
何故なら、他人を変えるという労力は、とてつもなく膨大な作業で、たとえ残りの人生を費やしたとしても、成功は確信できません。

相手が亡くなるか、自分が先に逝ってしまうか? そこまで待つしかないのかな〜〜 といっても過言ではない でしょう(苦笑)
 
しかし、自分が変わることによって、事が意外な方向へと転換するのであります。

相手を変えようとしなくても、あなたが変わると、相手が変わる。という不思議な現象が起こるのです。
 
仮に離婚という選択をし、その場を回避したとしても、このような関係性は、相手を変え、形を変えて、再び、自分の身にふりかかってくる可能性が高いようです。
 
もしかしたら、以前回避してきた人間関係が、今回、回避し難い「夫婦」という関係で表れてきているかもしれません。もうすでに「離婚」を決断している方だとしても、これから先の新しい人生を再出発されるその前に! 同じ運命を繰り返さない為に! 今、過去と現在と未来の、感情の「リセット」をお勧めします。
 
自分の心の奥底に握りしめているマイナスの思いや感情を手放し、自分自身が変わる事によって、これからの人生に驚くような変化が起こります。
 
幸せな結婚生活を送るために…長い人生のうちの1日、この記述式内観に参加してみませんか?
 

このような効果が・・・

・夫婦関係(人間関係)が安定する
 
・夫婦のトラブルが減る
 
・夫婦が安定した関係になると、家庭が穏やかになる
 
・子供の情緒が安定する。嫁、姑問題等も変化してくる
 
・家庭が穏やかになると、リラックスできるようになれる
 
・夫婦で話し合うことが出きるようになった
 
・今まで言えなかったことが言えるようになる


夫婦編を受けた方(ご夫婦)からの感想

 
最初の感想を書いたのは男性(アメリカ人)、そして、次の感想文はその男性の奥様(日本人)です。今現在、お二人は家族4人(お子様2人)、イギリスで暮らしています。
 
ご主人さんは日本語がとっても上手で、以下の感想文ですが。ご自分で全部書かれたそうです。
 
イギリスへ旅立つ前には、日本で暮らしていたそうですが、その時には会場へ足を運んで頂いて両親編も体験されたことがありますが、この度の内観研修では「夫婦編」をされました。
 

こんばんは、○○です。やっと感想文を書きました。お役に立てると幸いです。
 
内観を受けることによって、こんなにも夫婦の関係が変わると思ってはいなかった。
 
10年間、けんかし続け、どこまで行っても終わりそうにもない、二人ともどうすれば良いか分からない状態になっていたところだった。
 
初めは、溜まっていた怒りをガーと紙に書いてたが、面接によって、表面の怒りだけではなく、その下にある気持ち(種)に向かって、掘り下げていく事ができた。
 
その種の気持ちをさわり、紙に書いていたが、自分が、自分の気持ちを聞いてあげている様な気がした。

自分の気持ちを自分で聞けたら、溜まっていたテンションが溶けて、相手の気持ちも聞ける余裕が生まれ、許す、許せる様になった。
 
スタッフさんの温かい支えのお陰で、その 種の気持ちにすぐにさわれ、内観が早く終わった、と思う。
 
内観の後、夫婦喧嘩が無くなった訳ではないが、相手の気持ちを聞くこと、自分の気持ちを言うことが、少しずつ上手になっている…やっと繋がった感じがしている。
 
夫婦の内観を薦めてくださったり、実際に、面接を担当してくださったり、心から感謝しています。

 

私の夫は外国人。性格的に、似ているところはありしも、考え方、モノの捉え方、対処方も、ほぼ正反対。生まれ育った家庭環境もほぼ正反対。
 
これで上手く行くのが不思議なバランスですが、山あり谷あり、結婚してもうすぐ10年になろうとしている夏でした。
 
二人が出会った時のいざこざが元になっている、怒りの種火が表面下にあったところに、ほぼ夫の独断で決まった渡英に、どう考えても納得できないまま、イギリスに住み始めて2年半。
 
どうして私と子供たちだけ、こんなに苦しいイヤな思いをしなきゃいけないの、という、怒りというよりも恨みに近い思い、どうにもならない負の感情の怒濤に巻き込まれ、もうにっちもさっちもいかない状況

離婚はしたくないけど、それ以外の選択肢は見当たらない、という切羽詰まった状態でした。
 
私が最初に二夜間。後で彼が二夜間。
結論から言わせていただくと、あの大波は何だったの?って言うほど

たった4日間で、こんなに関係が変わってしまっていいのか、と言うほどの大変化に、まず一番びっくりしているのが自分たちだと思います。
 
良くある、ダイエットや、英語の教材の感想みたいですが、何の誇張もないんです。
 
一日目は、鉛筆じゃなくて、ボールペンが折れました。、、、(ハハハッ)
 
両親の内観でも、’こんなに息が切れ切れになるほどまでやったことはない、と思わせるほどの勢いでした。
 
その後も出てくる、出てくる、これは2日間では終わらない、と途中で、どこか焦る気持ちを諦めたのが功を奏したのかもしれません。
 
最後の1時間で、私が、私自身のネガティブな思い癖を自分で気付くために、夫がこんなに嫌な役割を買って出てくれたのか、という感情が出てきて

じわーっと、ありがたいなーという感謝の気持ちが湧いてきました。これは、はっきり言って、驚きでした。
 
内観後に、夫に、内観の間で変化した気持ちを話してみました。どこか、まだ照れくさいところがあって、自分の感情に素直に話せませんでしたが、

それでも彼は、私の気持ちの変化を素直に喜んでくれて、それがとても嬉しかったです。
 
内観後の私の気持ちの変化は、なんだか、面白かったです。
 
ここに、ちゃんと怒りはあるんです。自分の目の高さで話をしようとすると、愚痴、不平不満は、きりがないんです。
 
でも、何だか、そんなちんけな視点じゃないところ、これが大いなる英知と言うのでしょうか、
 
胸に筋肉強制ベルトか何かを入れられ、がばっと広げられ、腹の底の方まで、しっかり支えてくれているエネルギーが入ってきたというのでしょうか(変な表現ですが)
 
それが、何とも言えない温かさで、、、、。愚痴を続けようと思っても、続かない、、、んん、
 
何だこれ?  みたいな感じ。言葉で説明しようと思うと、実際の感覚からは離れてってしまう、上手く説明できないのですが、この二つの視点をはっきり実感できた! 
 
というのは、まだ両親に対しての内観が完全には終わってない私にとっては、もの凄く有意義な体験でした。
 
どこに焦点を合わせるのか、なんて、すぐ見失ってしまいがちな日常の中で、どこまで、この視点を忘れないでいれるか、眉唾ものだなと思っていましたが、 
 
その後、ますます穏やかになってきている様な気がします。
 
もちろん、疲れていたり、忙しかったりして、上手く噛み合ない時、喧嘩になることもありますが、言いたいことを言い合うと、怒りもそんなに長く続かない、ということに気がつきました。
 
夫婦共々にコミュニケーションが上手とは言えなので、これは本当にありがたい変化で、言い争うのが無駄だと感じるようになり、どちらともなく、折れる、という、今までには想像もつかない展開になってきました。
 
特に、私は一度怒りだすと、納得できるまで長々と引っ張る方でしたが、嫌な気分を長引かせたくない、と長く引きずらなったのは、自分でも不思議な、得した気分です。
 
もし、この夫婦に対しての内観をしてなかったら、今頃は、子供2人を引き連れて、夫を残して私だけ日本行きの飛行機に飛び乗っていたことでしょう。
 
こんな、夫が仕事から帰ってくるのが待ち遠しいなんて感覚、すっかり忘れていました。子供たちが嬉しそうに、”パパとママ、変わったねー、けんかしなくなったねー。”と。
 
今、改めて、家族で一緒にいられるのって、嬉しいなーと、実感しています。
 
癒しクリエーションのセッション(遠隔気功など)を受け始めてから、すでに3年になりますが、この絶妙なタイミングで、夫に対する内観を勧めてくださらなかったら
 
そして、何でも包み込んでしまう毛布ような、そして的確なサポートがなかったら、溜まりに溜まったゴミをここまで引き出せたかどうかは疑問です。
 
時差の関係で、朝の早い時間からのスタートにも関わらず、気持ちよく引き受けてくださって。本当に、ありがたいご縁をいただきました。スタッフの皆様の温かいお人柄に、出会いに心から感謝しています。いつも、ありがとうございます!