その他の人間関係

 
テーマ別内観は、その他の人間関係のわだかまりや、トラウマとなっているような事柄についても、心を解放し、それらを受容できるようになるのでより自由に自分らしく生きられるようになります。
 
☆ 家族関係:
兄弟姉妹、祖父母、孫、叔父叔母、いとこ・・・など、血のつながりのあるなしに関わらず、あるいは、同居、別居を問わず、ご縁の深い関係が、さまざまなネガティブな感情やマイナスの自己イメージを抱くきっかけになっていることがあります。
また、現在進行中のことに限らず、過去の生い立ちの中で味わってきたことが、今のご自分のネガティブな感情やマイナス思考の根っこになっていることもあるかも知れません。
 
例えば・・・

祖父母との同居で、家の中がギスギスし、家族のケンカやいさかいが絶えず、嫌な思いを抱えて過ごしていたなど・・・祖父母への怒りやわだかまりを持っている。
 
父や母と祖父母や親戚の関係が悪く、家の中が、緊張やバトルの繰り返しだった。
 
兄弟姉妹と比較されてばかりで、自分は、何をやっても認めてもらえない、そんな劣等感や疎外感などを感じて育った。
 
家族が病気で不安や悩み、介護への気疲れ、悩みなど抱えている。

 
そんな現在や過去があるとしたら、心の中のネガティブな思いをクリアーにし、心の重荷を軽くすると、今までとは違った関係を見出したり、ポジティブな気持ちになることができると思います。
 
☆ ご近所との関係:
生活の基盤がある地域やご近所の方とはぶつかり合ったり、波風立てて、遠慮したり、文句を言い合うことなく、心地よく過ごしたいものです。それでも、価値観の違いや生活スタイルの違いから、どうもうまくいかずに、居心地が悪くなってしまうことや、顔を合わせることさえ、うんざり・・・ということもあります。

実際、近隣とのトラブルから引っ越しせざるを得ないということもあるようですが、そこまで対立したり、追い詰められなくても、問題が解消されればいいですね。

 
そんな日々の暮らしの中で感じる近隣の方への不快感、ストレスやトラブルへの憂鬱な気分や悩みから、脱出し、居心地のいい生活を手に入れるためにも記述式内観は、力を発揮します。

不思議なもので、ご自分の心境が変わると、周囲の環境や人間関係がいつの間にか変化していたり、状況は、変わらなかったとしても、今まで気になっていたことが全く気にならなくなったりするのです。

 
どうぞ、記述式内観で、近隣へのお悩みも解消してみませんか?
 
☆ ママ友、先生、学校のこと
 
ママ友や先生、幼稚園や学校は、子どもが関わっているだけに、無視できない関係ですね。
そして、親子共に関わりがあるだけに、どこまで自分の気持ちを出していいものやら、どう伝えるべきか、悩むところです。
嫌いでも、避けられない関係。嫌だからと言って、変えることができない環境は不平や不満、怒りなど、ネガティブな思いを溜め込みやすいものです。

たとえ直接、本人に言うことができなくても、記述式内観によって、ご自分の中にある気持ちや思いをありのままに吐き出し、受け止めることができると、心はすっきりと落ち着き、気持ちへの整理がついたり、現状への対応策を見出すことができるかと思います。

 

人間関係以外のできごと

 
否定的な思いや、感情をぶつけたくなる相手が人でなく、ものであったり、出来事であったり、自然現象であったり、音(騒音など)であったり、臭い(悪臭公害)であったり、時には、抽象的ですが、神様であったり、天であったり・・・ などなど、さまざまです。 たとえば・・・

世の中、不景気で商売がまったく繁盛しないよ。と、世の中に対する不満
 
私は暖かい所が好きなのに、どういうわけか、北海道に転勤させられてしまい、寒くて、寒くて、北海道は大嫌いだ。という天気に対しての不満 
 
隣には大きなゴミ焼却所があり、ゴミの臭いがたまらない。という臭いに対してのイラダチ
 
近くに工場があり、物音がうるさくて、仕事に集中できない。という音に対する不満

 
 などなど・・・
 
記述式内観では、人以外の物事に対してのネガティブの感情や思いを処理することも可能です。

その他の人間関係

 
テーマ別内観は、その他の人間関係のわだかまりや、トラウマとなっているような事柄についても、心を解放し、それらを受容できるようになるのでより自由に自分らしく生きられるようになります。
 
☆ 家族関係:
兄弟姉妹、祖父母、孫、叔父叔母、いとこ・・・など、血のつながりのあるなしに関わらず、あるいは、同居、別居を問わず、ご縁の深い関係が、さまざまなネガティブな感情やマイナスの自己イメージを抱くきっかけになっていることがあります。
 
☆ ご近所との関係:
生活の基盤がある地域やご近所の方とはぶつかり合ったり、波風立てて、遠慮したり、文句を言い合うことなく、心地よく過ごしたいものです。

それでも、価値観の違いや生活スタイルの違いから、どうもうまくいかずに、居心地が悪くなってしまうことや、顔を合わせることさえ、うんざり・・・ということもあります。
 
☆ ママ友、先生、学校のこと
 ママ友や先生、幼稚園や学校は、子どもが関わっているだけに、無視できない関係ですね。
そして、親子共に関わりがあるだけに、どこまで自分の気持ちを出していいものやら、どう伝えるべきか、悩むところです。


人間関係以外のできごと 

否定的な思いや、感情をぶつけたくなる相手が人でなく

物であったり、出来事であったり、自然現象であったり、音(騒音など)であったり、臭い(悪臭公害)であったり、時には、抽象的ですが、神様であったり、天であったり・・・ などなど、さまざまです。

たとえば

世の中、不景気で商売がまったく繁盛しないよ。と、世の中に対する不満
 
私は暖かい所が好きなのに、どういうわけか、北海道に転勤させられてしまい、寒くて、寒くて、北海道は大嫌いだ。という天気に対しての不満 
 
隣には大きなゴミ焼却所があり、ゴミの臭いがたまらない。という臭いに対してのイラダチ
 
近くに工場があり、物音がうるさくて、仕事に集中できない。という音に対する不満

 
 などなど・・・
 
記述式内観では、人以外の物事に対してのネガティブの感情や思いを処理することも可能です。