NO.77 猫屋敷

 
今日は終戦記念日です。
お盆休みという事で、仕事が休みなので、気の学校を書くことにしました。
 
もう30年以上も前の事になりますかね〜
当時、インドから帰国した私は、次なる目標として、日本に居る間に、お金を貯めて、そして、語学力を身につける為に英会話の勉強を始め、そして、更に英会話力に磨きをかける為に1〜2年位はアメリカで暮らした後、再度、インドへ・・
と、そんな計画を立てて、東京での生活を始めました。
 
一度目のインドでは、英会話力不十分の為、自分が知りたい事に対して、深い理解には至れませんでした。その反省から、語学力のハンディーを乗り越えて、今度こそ、目的を果たすために、再び、インドへ行きたい!
 
東京での生活で、住まいとして選んだ場所は、山の手線の大崎駅の近くでした。
とくに、その地を選んだ理由はないのですが、家賃が安いアパートがあったのです。
一階に家主さんが住んでいて、二階が私の部屋でした。
 
その当時、いくら位の家賃だったのか、金額は覚えていないのですが、とにかく、安かったと思います。ただ、実際に引っ越してから、徐々に分かったことなのですが、その家主さん、とっても猫好きなのです。
 
たしか、自分が飼っている猫が4匹、そして、その周りに集まってくる野良猫ちゃん達にも、毎日、餌を与えているようで・・・その家の周りには、たくさんの猫ちゃんが集まってきて、毎日が大騒ぎなんです。
 
だから、家賃が安かったのか?
 
猫ちゃんって、可愛いですよね〜〜
でも、その数があまりにも多いと、そうとばっかりは言ってはおられない?
 
失礼! 
と っ て も 、う る さ い !  
と に か く 、や か ま し い !
超 め い わ く !
 
日中はまったく問題ないのですが、夜になると、毎晩、毎晩、ギャ〜〜 ギャ〜〜 と、もの凄い、騒音(?)なのです。とくに、ニャンコ達の恋の季節となると、その鳴き声は壮絶。さすがに、友達が泊まりに来ても、「お前の部屋はうるさくて、寝られない。次の日の練習に差し支えるから、もう、二度と遊びには行かない!」とまで、友達たち(高校時代の部活仲間)に言われた事もありました。
 
これだけは、体験した人でないと分からないかな〜
本当に、壮絶な鳴き声、叫び声(?)なのです。
せっかく寝ていても、ギャ〜〜 の一声で、眠りから起こされ・・・
寝不足になってしまうし、引っ越そうかな〜〜 とも考えましたが、
でも、数ヶ月後には、アメリカに旅立つ予定でもあるし、
いま、引っ越すのは、金銭的に得策ではないし・・
あと、少しの辛抱だから、我慢して暮らせば・・・
 
ということで、どうにか、そのアパートで、半年位、アメリカ出発まで暮らしました。
成田からアメリカ(シアトル)へ向け旅だった時には、「あ〜〜 猫屋敷とも、これで、おさらばだ〜〜」 とホッとしました。
 
恐るべし、猫屋敷殿!
 
我が家では、10年前から、犬と一緒に暮らし始めました。
犬種はコーギー(雌)で、ポピーという名前です。
おとなしい性格で、人懐っこく、癒し犬という感じです。
生まれてから10年間、まったく一度も病気をしたこともなく、飼い主にとっては、とっても、ありがたい〜〜 ワンコなのですが、ただ、猫が、大の苦手らしく、ニャンコさまの声には微妙に反応するのです。
 
今から、五年位前の事なのかな〜〜
我々家族が寝ていると、夜中(午前2時頃)に、ワン、ワンと、異常な程に、激しく鳴き騒ぐのです。いつもは、おとなしい〜〜 あのポピーが?
 
なんだろう? と、家の外に意識を向けてみると、
ナッ なんと、自宅の隣の賃貸住宅(一戸建てアパート)の辺りに、たくさんのニャンコ達が集まって、ギャ〜〜 ギャ〜〜 とやっているではありませんか。
 
窓を開けて確認をしたわけではないので、何匹位、そこへ集まっていたのか、確かな数は分かりませんが、鳴き声から察するに、10匹以上は、軽く見積もっても居たのではないかと思われます。
 
その瞬間に、私の脳裏に過去の記憶が蘇ってしまった!
エ〜〜〜 よりによって、猫屋敷の再来?
やばいな〜〜 
これから、毎晩、夜中に、このような事が起きたら、俺は寝不足になってしまうし・・・
 
なぜ、隣の賃貸住宅(一戸建てアパート)の庭にニャンコ達が集まってくるのかと言えば・・・もう、その当時の住人達は引っ越したので、口外しても問題ないのかな〜 と思うので、公表しちゃいますが、とにかく、そのアパートの周りが 超〜〜 汚いのです。
 
アパートの庭全体が草ボウボウで、ペットボトルや空き缶などが山積みのように散乱し、ゴミ袋がたくさん積まれているなど、アパートの住人のだらしなさを物語っている雰囲気がバッチリ!
 
なので、当然、野良猫たちが集まってきて、アパートの縁の下に、子猫を産んだり・・・
いや〜〜 参ったな〜〜
 
我が家の愛犬の吠える声に、私は寝ている処を夜中に起こされ、
私の心は、過去の猫屋敷を思い出し、とっても不快な気持ちに!
 
明日も、同じような状態が続くのかな〜〜
どうすれば、いいのかな〜〜
保健所へ連絡をして、処置してもらうしかないのかな〜〜
でも、そんな事をしたら、ニャンコ達は捕獲されて、処分されてしまうかも?
殺生だけは、ぜったいに避けたい!
だったら、猫が寄りつかなくなる「薬」でも撒くのがいいのか。
でも、そんな「薬」って、どこへ行けば手に入るのか・・
・・・などなど、止めどもなく、さまざまな思いが、私自身の心に浮かんで来ました。
 
その都度、沸き起こってくる自らの思いに気づいて「流す」、また、次の思いがやって来たら「流す」、またやって来たら「流す」と、思いを流す事をやっていたら、徐々に、自分の心が静になり、10分位が経過した頃には、ものすご〜〜く、自分の心が静になった。と、感じたその瞬間に
 
その場にいた大勢のニャンコ達が、一斉に大きな声で「ギャ〜〜 」と、一声、叫びながら、と同時に、すべての猫が四方八方に散り、姿を消してしまいました。爆弾でも爆発した時の様に、そこに居たすべてのニャンコ達が、一瞬の内に、四方八方へ、爆風で吹き飛ばされたという感じでした。
 
まさに、天の計らい! 軌跡が起きた!
自らの心が静になるって、ものすごく大切なん事なんですね!
 
いや〜〜 不思議な事があるもんだな〜〜 と、私自身もビックリしましたが、
その後、10分経っても、20分経っても、家の周りに猫が居る気配が一切しない。
夜中で、辺り一面、真っ暗だったので、目では確認できませんでしたが、耳を澄ませてみても、猫が居る気配はまったくなく、本当に静!
やれやれと、再び、眠りにつくことができました。ありがたいです。
 
翌日になっても、猫の姿はなく、また、その翌日も、姿はなく、あれから3年以上、私自身は、自分の家の周りで、猫一匹も見たことがない。という状態が続きました。
 
更に一年が経過し、あれから4年位が過ぎたある頃に、久しぶりに、我が家の周りを歩いているニャンコを1匹発見しましたが、その当時のように、うるさくて め い わ く ということにはなりませんでした。
 
あれから、5年以上が過ぎた今日この頃、時々、ニャンコの姿を見ることはありますが、でも、家の周りは、静かな状態が続いています。
 
何か、トラブル、問題が、起こりました。
どうしましょう?
何か、いい方法はないのかな〜〜?
と、ついつい、心が動いてしまいますが・・・
もし、可能であれば、その思いの一つ一つに気づいて、その思いを流して頂くと宜しいのですが・・・
 
問題解決には、大きく分けて、二つの方法があります。
一つには、これは、こうだから、だから、これを、こうやって、・・ と、心の中で、考えて、そして、解決策を見つけ、そして、対処してゆくというやり方。
 
もう、一方では、先の例のように、やってくる思いに乗らない(巻き込まれない)で、とにかく、やってくる思いを、ただただ、流す。流す。流す。 
自分自身の心が静になることだけに焦点を合わせ、思い流す。というやり方。
 
先日、ある方から、こんな相談を頂きました。
治療院を経営しているそうですが、今現在、治療院の経営に対して点数を付けると70点位の出来映えだそうで、とりあえずは、生活には困らない程度の収入もあり・・・
 
でも、将来の事を考えると、これでいいのかな〜
もしも、今よりも、患者さんの数が減ったら、ヤバいことになってしまうし・・・
治療院へ尋ねてきた患者さんが治療を終えて、帰る後姿を見る度に、
「あの患者さん、また、次回も来てもらえるかな」
「もしかしたら、今日、施術したやり方で効果を感じて頂けないとしたら」
など、日々、さまざまな不安な思いが湧いてきて、疲れ果ててしまっている感じでした。
 
それに対して、どうすれば、経営が安定するのか? と、尋ねられ、お答えした内容としては、二つある問題解決法の後者の方をお薦めした次第です。
 
一見、やってくる不安な思いに対して、その思いを真剣に受け止め、更に、どうしたら、その不安が解消できるのか? と考える事は、問題を解決する上で、理に叶っているようにも見えますが・・・
 
でも、別の視点からすると、
やってくる不安な思いに対して、その思いを真剣に受け止め、更に、どうしたら、その不安が解消できるのか? と考える事は、やってくる不安な思いに巻き込まれているということにはならないでしょうか?
 
ある別の方からも相談を受け
「私の娘は、もう、一年以上、学校へは行けずに、自宅に引きこもったような生活をしています」
「このままだと、娘は、将来、社会にも出られず、また、人とのコミニュケーション能力も育たず、将来、ちゃんとした人間関係も築けない人間になってしまったら・・・」
と、さまざまな不安な思いがやってくるそうですが、
 
もし、可能であれば、その都度、やってくる娘さんに対するすべての不安な思いを流して頂くと・・・ 
 
実は、それ自体が、あなた自身の問題解決になるのだけどな〜〜 
と、私独自の体験から・・・ そう 思いますが・・・
 
ただ、そうは言っても、なかなか、それを理解するのは至難の技!
やってくる思いを流せと言われても、そう容易く、流せるものではありません。
それは、私自身も、百も承知の上でのことですが、
でも、あえて、やってくる思いを流せたとしたら、実は、それが、問題解決へと繋がってゆくのではないでしょうか!
 
いま、直面している事を、悩み苦しみ、または、トラブルと感じている時の自分自身の心は、台風がやってきた時の海のように、激しく波風立っている状態となっています。
 
波風立っている状態では、次から次へと思いがやって来ますが、その都度、やって来る思いを流す。ということを繰り返しやっていると、心の波は徐々に穏やかになってきます。
 
事によっては、私が体験したように、周囲の景色が鏡のように映し出される、穏やかな湖水の水面のような状況になることもあります。この穏やかな心の状態の時になった時に、実は、宇宙から浄化のエネルギーが、その人自身の内側に入って来るのです。そして、その浄化のエネルギーが悩みトラブルの原因を消し去ってしまうのです。
 
本当かな〜〜?
と思う「思い」を流して頂いて、ぜひ、一度、問題解決の「流し」の秘策をお試し下さい。