ご挨拶

 

はじめまして、癒しクリエーション 代表 小野 賢一と申します。どうぞ、宜しくお願い致します。
 
自己紹介
1959年6月生まれです。生まれたときから身体が弱く、おまけに、3歳位のときに熱湯をかぶって、大やけどをしたために、小さい頃から、健康面では人一倍、苦労をしました。その甲斐あって、健康に関することには小さい頃から自然に興味を持ち、気がついた時には人様の健康に係わる仕事していたという感じです。
 
精神世界に関することに興味を持ったのは15才、高校一年生の時でした。それまでの私は極めて唯物主義的な考え方をする人間でしたが、ある人との出会いにより、「この世の中で、今、我々が現実と感じている世界(一般常識による世界)だけが、すべてではないんだな~~」ということを強く実感しました。それ以来、本を頼りに独学でヨガと瞑想を始めました。
 
高校時代までは群馬県沼田市で過ごし、その後、上京し、1年間ほど東京で暮らしましたが、本格的にヨガを学びたくなり、あるヨガ道場に移り住み、半年間ほど、そこで暮らしました。たまたま、その場に居た鍼灸師さんの影響を受けて、私自身も、二十歳の時には鍼灸治療を目指すことになりました。
 
ヨガ道場を離れ、再び上京し、鍼灸治療の世界に弟子入りしましたが、目指していたものと現実とのギャップから、鍼灸治療は途中で断念し、兼ねてからの願いであった、ヨガの聖地、インドへ旅立ちました。それ以来、気の赴くままに、アメリカ、メキシコなど、あちらこちらと、7年間(20~26才)の放浪生活でした。
 
27才の時、ついに、15才より、ずっと持ち続けてきた疑問に対して決着をつけることができたので、一カ所に落ち着いて生活をしたいと考え、再び、東京で暮らしながら、27~28才までの2年間、長生学園へ通い、国家資格を取得(あんまマッサージ指圧師免許)し、平成元年4月1日より、群馬県沼田市内で気功治療を開始しました。
 
15才の時(1975年)独学で始めたヨガと瞑想がきっかけとなり、その後、内観、気功、太極拳、東洋医学、チベット仏教、禅、修験道など、並びに、各種代替療法の多くの師から教えを受け、試行錯誤しながら、40余年の歳月を経て、自分なりの「氣」の世界が感じられつつあります。