期待感

 
たとえば、人間関係で悩んでいらっしゃる方、他人には相談できない悩みを抱えている方、情緒不安定の方、目を背けたくなる過去を修復したいと願っている方、過去の自分と向かい合うことが難しいと感じている方にはお薦め致します。
 

両親編/2日連続

人間関係の根幹を成す「両親編」を受けて頂く場合でしたら、直接内観、または、電話内観を問わず、どちらの研修スタイルであっても、父親に対して、または、母親に対して、どちらを先に始める場合でも、一人の対象者(父か母か)に対して、最初に作業を始める時点では、2日間連続での「集中内観(2日連続)」が前提となります。
 
「両親編」以外のテーマ別内観でしたら、無条件に一日だけの参加は可能ですが仮に、集中内観(両親編/2日連続)に参加しても、作業が完全に終わらないという場合に限り、日を改めて、1日だけの両親編への参加は可能です。
 
※両親編/2日連続の内観研修のことを「集中内観」と呼ぶ。


なぜ両親編は2日連続?

「両親編」はテーマ別内観の中で、難易度が最も高いものだからです。
初日(1日目)は記述式内観という作業に慣れて頂くのに精一杯という方もおり、いよいよ2日目から「エンジン全開」という場合もございます。
 
それは、日常生活をされている時の通常の意識状態から、心の奥に隠れた記憶が表面に現れやすくなる、すなわち「記述式内観の意識レベル」に代わるのに、一日位の時間を要する事があるからです。余談ですが、個人差がありますが、まったく覚えていないような出来事を思い出す人もいます。中には、ご本人さまが、胎児の時、お母さんの子宮の中にいた時の事を思い出したという方も過去におりました。
 
両親編では、他のテーマ別内観よりも、潜在意識の奥深くにある隠れた記憶が表面に現れてくる必要があります。
 
1日目は、「あ~~ あ~~、やっと、調子が出てきたのに、もう、夕方(終了時間)なの? 」と、こんな感じのこともありますので、両親編は2日連続が原則となっております。
 
仮にですが、「自分の場合には、母親よりも父親の方がわだかまりが強いな〜」という事で、父親に対してやりました。しかし最後まで終わらずに、日を改めて、1週間後に、追加1日で、めでたく父親に対しての内観が終了したとします。(父親→合計3日)
 

次は、母親に対してやりたい! という場合
父親の時と同じように、はじめの2日間は連続して受けて頂きます。
父親の時には、3日目以降は、1日だけでもOKだったのだから、母親に対しても1日だけで・・・ というような形ではお受けしていません。
あくまでも、両親編に限り、どちらの親に対しても、最初のスタート時点では、2日連続が前提となります。3日目以降に限り「1日のみ」でもお受け致します。

 
参考までに「両親編」を例に申し上げますと、集中内観に参加して頂いた場合、これまでの経緯から、参加者全体の50%余の方が、2日間連続での集中内観の研修で、父親か、母親か、どちらか一方の親に対して、ゴール(新境地)にまで辿り着けています。
 
両親をクリアーするには、合計4日(2日連続×2回)という計算になります。
 
もし仮に、二日連続でゴールに達しなかった場合でも、追加で「1日」を受けて頂いて、ゴール達成! を目指して下さい。
 
癒しクリエーションでは、「内観に、記述式を採用したこと」で、ゴール(新境地)は誰にでも可能となりました。なによりも、とってもスピーディなものとなりました。極々稀にですが、たった1日でも、片親(父か、母か)をクリアーしてしまう方もいます。これは、これまでの内観史の中では考えにくい事でもあります。
 
「両親編」に限らず、テーマ別内観全体についてですが、どの位の方にお役に立てているのかと申しますと、今までの経緯から、過去の参加者全体の95%位の方々からは評価を頂いております。しかし、残念なことに、残り5%の方々に対しては、「はい、問題ありませんでしたよ!」とお答えできるだけの自信はございません。
 
野球では3割バッターといえば、たいへんに評価される世界ですから、「9割余」といえば、誇ってもよい数字なのかもしれません。しかし、せっかく、ご参加頂いたのに、ご期待通りの結果が出なかったというのでは、こちら(スタッフ)としては、申し訳ない次第でございます。我々スタッフ側に力量の問題があったかとは思いますが・・・
 
 

残り5%を分析

 (1)自分自身の感情の抑圧が強すぎて、過去を思い出す事が出来なかった方
 (2)記述式内観研修で何をするのか、真意が分からずに参加された方
 (3)他人に薦められ、本人が望んでいないのに参加した方
 (4)理屈っぽい人で、作業をするよりも、理屈ばかりを考えていた

 
・・・など、せっかく参加されても結果を出しにくかった方々の、それなりの理由が分かってきました。その対策として・・・
 
(1)の方に対しては、こちらで提供していますヒーリング(気功施術)を記述式内観を受ける前に何度か受けて頂いた後で、記述式内観を受けて頂くことで、感情のブロックが薄くなるなどの理由から、記述式内観に取り組みやすくなると考えております。
 
(2)と(3)の方に対しては、参加前に、癒しクリエーション の内観のホームページを良く読んで頂いた上で、ご自分でお申し込みをして頂くことで改善に繋がることかと思われます。
 
(4)の方についてですが、正直のところ、内観にはなかなか向かないタイプの人ではありますが、記述式内観というものを理論的に納得して頂けるまで、根気よく、ご説明させて頂く事で、かなりの改善に繋がるものと期待しております。
本来、記述式内観の研修では、1日の時間のほとんどを「作業をすること」に重点を置き、理論的な説明云々には、あまり時間を割いてきませんでした。しかし、このような場合には、あえて理論的な説明をさせて頂く時間を作った方が良いのではと考えるようになりました。以上のように、考えております。
 

心のゴミが減ると

 ・身体が元気になる
 ・ストレスから開放される
 ・穏やかな表情になれる
 ・閃きが多くなる
 ・自分の性格が好きになる
 ・人からも好かれるようになる
 ・生きていることが楽しくなる
 ・問題解決の糸口が見つかる
 ・心のゆとりがうまれる
 ・憂うつな気分が吹き飛ぶ 
 ・感謝の気持ちで暮らせる
 ・親子関係が良くなる
 ・精神的プレッシャーに強くなる
 ・小さなことはくよくよしない
 ・人間関係が円満になる
 ・精神的安らぎが得られる
 ・緊張感から開放される
 ・心穏やかに暮らせる
 ・仕事が思うように運ぶ
 ・運勢が良くなる
 ・思ったことが実現しやすい
 ・ネガティブな感情が処理
  ・・・などなど。

 

期待感

 
たとえば、人間関係で悩んでいる方、他人には相談できない悩みを抱えている方、情緒不安定の方、目を背けたくなる過去を修復したいと願っている方、過去の自分と向かい合うことが難しいと感じている方にはお薦め致します。
 

両親編/2日連続

人間関係の根幹を成す「両親編」を受けて頂く場合でしたら、直接内観、または、電話内観を問わず、どちらの研修スタイルであっても、父親に対して、または、母親に対して、どちらを先に始める場合でも、一人の対象者(父か母か)に対して、最初に作業を始める時点では、2日間連続での「集中内観(2日連続)」が前提となります。
 
「両親編」以外のテーマ別内観でしたら、一日だけでも参加可能ですが仮に、両親編を2日連続して参加しても、作業が完全に終わらないという場合に限り、日を改めて、1日追加で両親編への参加は可能です。


なぜ両親編は2日連続?

両親編はテーマ別内観の中で、最も難易度が高いものだからです。
初日(1日目)は記述式内観という作業に慣れて頂くのに精一杯という方もおり、いよいよ2日目から「エンジン全開」という場合もございます。
 
それは、日常生活をされている時の通常の意識状態から、心の奥に隠れた記憶が表面に現れやすくなる、すなわち「記述式内観の意識レベル」に代わるのに、一日位の時間を要する事があるからです。

余談ですが、個人差がありますが、まったく覚えていないような出来事を思い出す人もいます。なかには、ご本人が胎児の時、お母さんの子宮の中にいた時の事を思い出したという方もおりました。
 
両親編では、他のテーマ別内観よりも、潜在意識の奥深くにある隠れた記憶が表面に現れてくる必要があります。
 
1日目は、「あ~~ あ~~、やっと、調子が出てきたのに、もう、夕方(終了時間)なの? 」と、こんな感じのこともありますので、両親編は2日連続が原則となっております。
 
仮にですが、「自分の場合には、母親よりも父親の方がわだかまりが強いな〜」という事で、父親に対してやりました。

しかし最後まで終わらずに、日を改めて、1週間後に、追加1日で、めでたく父親に対しての内観が終了したとします。(父親→合計3日)
 

次は、母親に対してやりたい場合
父親の時と同じように、はじめの2日間は連続して受けて頂きます。

父親の時には、3日目以降は、1日だけでもOKだったのだから、母親に対しても1日だけで・・・ というような形ではお受けしていません。

あくまでも、両親編に限り、どちらの親に対しても、最初のスタート時点では、2日連続が前提となります。3日目以降に限り「1日のみ」でもお受け致します。

 
参考までに「両親編」を例に申し上げますと、集中内観に参加して頂いた場合、これまでの経緯から、参加者全体の50%余の方が、2日間連続での集中内観の研修で、父親か、母親か、どちらか一方の親に対して、ゴール(新境地)にまで辿り着けています。
 
両親をクリアーするには、合計4日(2日連続×2回)という計算になります。
 
もし仮に、二日連続でゴールに達しなかった場合でも、追加で「1日」を受けて頂いて、ゴール達成! を目指して下さい。
 
癒しクリエーションでは、「内観に、記述式を採用したこと」で、ゴール(新境地)への到達は、誰にでも可能となりました。なによりも、とってもスピーディなものとなりました。

極々稀にですが、たった1日でも、片親(父か、母か)をクリアーしてしまう方もいます。これは、これまでの内観研修の歴史の中では考えにくい事でもあります。
 
「両親編」に限らず、テーマ別内観全体についてですが、どの位の方にお役に立てているのかと申しますと、今までの経緯から・・

過去の参加者全体の95%位の方々からは評価を頂いております。

しかし、残念なことに、残り5%の方々に対しては、「はい、問題ありませんでしたよ!」とお答えできるだけの自信はございません。
 
野球では3割バッターといえば、たいへんに評価される世界ですから、「9割余」といえば、誇ってもよい数字なのかもしれません。

しかし、せっかく、ご参加頂いたのに、ご期待通りの結果が出なかったというのでは、こちら(スタッフ)としては、申し訳ない次第でございます。我々スタッフ側に力量の問題があったかとは思いますが・・・


残り5%を分析

 (1)自分自身の感情の抑圧が強すぎて、過去を思い出す事が出来なかった方
 (2)記述式内観研修で何をするのか、真意が分からずに参加された方
 (3)他人に薦められ、本人が望んでいないのに参加した方
 (4)理屈っぽい人で、作業をするよりも、理屈ばかりを考えていた

 
・・・など、せっかく参加されても結果を出しにくかった方々の、それなりの理由が分かってきました。その対策として・・・
 
(1)の方に対しては、こちらで提供していますヒーリング(気功施術)を記述式内観を受ける前に何度か受けて頂いた後で、記述式内観を受けて頂くことで、感情のブロックが薄くなるなどの理由から、記述式内観に取り組みやすくなると考えております。
 
(2)と(3)の方に対しては、参加前に、癒しクリエーション の内観のホームページを良く読んで頂いた上で、ご自分でお申し込みをして頂くことで改善に繋がることかと思われます。
 
(4)の方についてですが、正直のところ、内観にはなかなか向かないタイプの人ではありますが、記述式内観というものを理論的に納得して頂けるまで、根気よく、ご説明させて頂く事で、かなりの改善に繋がるものと期待しております。


心のゴミが減ると

 ・身体が元気になる
 ・ストレスから開放される
 ・穏やかな表情になれる
 ・閃きが多くなる
 ・自分の性格が好きになる
 ・人からも好かれるようになる
 ・生きていることが楽しくなる
 ・問題解決の糸口が見つかる
 ・心のゆとりがうまれる
 ・憂うつな気分が吹き飛ぶ 
 ・感謝の気持ちで暮らせる
 ・親子関係が良くなる
 ・精神的プレッシャーに強くなる
 ・小さなことはくよくよしない
 ・人間関係が円満になる
 ・精神的安らぎが得られる
 ・緊張感から開放される
 ・心穏やかに暮らせる
 ・仕事が思うように運ぶ
 ・運勢が良くなる
 ・思ったことが実現しやすい
 ・ネガティブな感情が処理
  ・・・などなど。